2018年10月

尾道の旬

  • 2018.10.28

尾道にベッチャー祭りが近づくと何とはなしに浮足立ってくる。「ショーキー」「ベタ」「ソバ」とはやす声、獅子にかまれて泣き出す子ども、太鼓,鉦の音、秋は深まって行く。 秋の深まりとともに、海の幸の旨味に至福を感じる。その一つに「ワタリガニ」 「ガザミ」ともいう。「オスカニ」は身がいっぱい詰まり、「メスカニ」はオレンジ色の͡コ(卵)を抱えている。なんといえばいいだろうか! 「旨い」に尽きる。地物ならでは […]

尾道の晩秋の味

  • 2018.10.25

ちらほらと山が色づきはじめると「シャコ」や「カニ」がおいしくなってくる。尾道の「晩より」と云われる頃、海岸にピチピチとはねる魚が、たらいやザルに入れられて並べられると人がだんだんと集まってくる。尾道の地の新鮮な魚を買って、今夜の晩御飯に並ぶ。 「シャコ」はゆでても良し、刺身も良し、尾道の秋は、美味しいものがあふれている。

懐かしい晩秋の味

  • 2018.10.17

砂糖が中々手に入らなかった時代から蜂蜜とともに貴重な甘味源であったものの一つが「干し柿」だ。 渋柿の皮をむいて寒風にさらされ天日を浴びて… 水分が抜けて甘みがギュッと凝縮される。 いまで云う「ドライフルーツ」の一つである。何処か?いつだったか?忘れてしまったかもしれない。 日向ぼっこをしながら、食べたかもしれない懐かしい味。

秋の味覚

  • 2018.10.08

香り松茸 味シメジ… 四季折々の海の幸 山の幸と秋は色々と食卓を楽しませてくれます。また、その土地ならではの行事も楽しみの一つです。さらに伝承される味覚に想いをはせられる。そんな忘れられない味はありませんか?

秋の夜長

  • 2018.10.05

秋の味覚 「栗」をコツコツと秋の夜長を楽しみながら「栗の渋皮煮」を作りました。 ♪栗の実 煮てます 囲炉裏端~♪