師走の支度には少し早いけど・・・

師走の支度には少し早いけど・・・

「どらねこ」です

12月に入り、頼んでいた「地のアナゴ」が手に入ったので早速、備長炭をいこして旬のアナゴを焼きました。辺りは、イイ匂いに満ち満ちて…「ねこ」たちはウロウロとして「どらねこ」と「ねこ」のにらみ合いです。尾道の冬支度?師走支度?は昔はいたるところから、「焼きアナゴ」の匂いが匂ってきたものですが、最近は、炭をいこして焼く人は、めっきり減りました。尾道の風物詩がだんだんと消えていくのを感じています。さて、尾道の「アナゴ」、お正月にどんなところに登場するのかって?(笑)

先ずは「お雑煮」の具の一種、「賀節」という和え物の具、「茶わん蒸し」の具の一種、「まきずし」の具の一種、など…各家庭ごとに様々です。

尾道の冬の味は他にも色々とあります。手間ひまをかけて、美味しそうに食べてくれる家族の笑顔を思い作る そんな時間も遠くになって行っています。「どらねこ」には懐かしい味が追体験できます。