旬の御膳

ばら寿司

投稿日:

ばら寿司は、岡山県の郷土料理として江戸時代に「一汁一菜令」の倹約令のなかで発生した庶民の「一菜」の一つである。   それが、日本各地で家庭料理として今に作られ、「ひな祭り」などの祝い事に多く食べられている。
「ばら寿司」とは、酢飯に細かく切った魚介や干し椎茸などの乾物類や野菜類などの食材を「バラバラ」にして混ぜ混み「一菜」「一品」として供された。たくさんの具材が食べられ、栄養のバランスよい料理である。 

「ちらし寿司」とは、酢飯の上に具材を「散らす」艶やかな料理として供される。
「蒸し寿司」とは「ぬく寿司」ともいう、生魚を使用しない「ちらし寿司」で冬場に供される。

-旬の御膳

Copyright© 郷土料理のみせ どらねこ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.