魚島の頃

魚島の頃

 鯛は春の産卵期に魚島付近に群集する。魚島は、備後灘と燧灘などを境する島で愛媛県越智郡上島町に属している。
産卵のため近くへ押し寄せるその様を「小島のように浮く」ように見えることで「浮島」と例えたり・・・。
5月、八十八夜の頃が瀬戸内海の東と西から鯛の群れが魚島付近に集まってくる。
鯛は、刺身、あら煮、塩焼き、煮つけ、潮汁、塩釜、甘露煮など。美味しく楽しませてくれる。

塩釜焼きは、鯛のウロコと内臓を取り除いて、鯛を丸ごと塩と卵白で包んで焼いたものです。

塩釜を割って取り出す「ワクワク感」も楽しめて、おもてなしにピッタリです(^^)
鯛のお腹に昆布やハーブ(ローズマリー、タイムなど)詰めて焼いたり、焼き上がったら、スダチやレモンを添えたりと
好みで美味しくいただけます。