どらねこコラム

1/2ページ

桜色の思い出

  • 2019.04.20

満開の桜の花も風に吹かれたり・・・。桜の舞も終わり、鮮やかな緑葉が眩しい季節へと。 この「絵」を見ると2001年の頃~が、懐かしく思い出されます。 あの「郷土料理のみせ どらねこ」は、そこの存在しておりました。窓辺にレトロなランプ?春は、桜色に染まった道。 夏は、尾道水道からの住吉祭りの花火。秋は、桜の葉が赤く染まり、海に沈む夕日も赤く、遠くに聞こえる祭囃子。 冬は、滅多と積もらぬ雪が積もれば、真 […]

花より団子

  • 2019.03.25

開花宣言が日ごとに聞かれると気持ちもワクワクしてきます。公園には雪洞が灯り、満開の花を楽しむ人でにぎわう!そう!! じっとなんてしておられません(笑) お花見弁当を持って出かけましょう。甘味も忘れずに! 「三色団子」を上新粉で作りました。この桃・白・緑にもいろんな意味合いがあるそうです。季節の移ろいや「気」エネルギーに例えたり、先人たちは暮らしのなかで工夫して楽しんでおられたのでしょう。 さあ!! […]

冬の尾道水道

  • 2019.01.24

尾道水道に吹く寒風、時折、冬陽が射してくる。この頃が、一年のうち一番静かな尾道かもしれない。この尾道水道に昔は渡船が7航路あったけど今は3航路になった。わずか3分のフェリー乗船だが何か惹かれてしまう。 雁木に寄せる波も緩やかで静かな尾道水道に春を待っような桜の花芽もふくらみ始めている

湯気の向こうに…

  • 2018.11.30

担当の「どらねこ」です。 やっと、自家製柑橘類でポン酢ができました。自家製ならではの安心・安全な調味料です。完成して少なくても一週間は寝かせます。そのほうが「トゲ」?が取れて味がまろやかになります。完成したら、冷蔵庫で保存しておきます。添加物無し!のやさしいポン酢だからです。 尾道の冬は、お魚がとっても美味しい。「さしみ」「焼き魚」「煮魚」「揚げ物」「鍋物」… なんてたって美味しい!! 冬の味覚、 […]

ネギの美味しい季節がやって来る

  • 2018.11.28

寒くなってくるとだんだん温かいかいものが恋しくなってきます。その一つ「ネギ」は、とろりとしてなんか元気が出る野菜ですね。子供のころは、苦手な野菜の一つでした。その中の「ワケギ」!は特に美味しさがわからなかった思い出があります。  この美味しさがわかってきたのが齢を重ねてからです。 「ぬた」には新鮮な貝やタコ、魚など。ないときは、かまぼこや油揚げを使ったりと。そして「わけぎ」と酢味噌また、からし酢味 […]

自家製ポン酢はいかがですか?

  • 2018.11.22

わずかながら、雪が降り始めるころ… 今日は二十四節気の「小雪」  寒くなってきましたね。 湯気が立つ、にぎやかな声、温かいものを囲む…。そんな季節がやってきました。自家製ポン酢を我が家の柑橘類でチャレンジです。「ポンス」はオランダ語のponsに由来、柑橘類の果汁を意味するとか。 市販のポン酢が便利ですが、柚子や橙、カボスにスダチ、みかんなど手に入りやすい冬の時期に自家製ポン酢にチャレンジしてはいか […]

懐かしい晩秋の味

  • 2018.10.17

砂糖が中々手に入らなかった時代から蜂蜜とともに貴重な甘味源であったものの一つが「干し柿」だ。 渋柿の皮をむいて寒風にさらされ天日を浴びて… 水分が抜けて甘みがギュッと凝縮される。 いまで云う「ドライフルーツ」の一つである。何処か?いつだったか?忘れてしまったかもしれない。 日向ぼっこをしながら、食べたかもしれない懐かしい味。

秋の味覚

  • 2018.10.08

香り松茸 味シメジ… 四季折々の海の幸 山の幸と秋は色々と食卓を楽しませてくれます。また、その土地ならではの行事も楽しみの一つです。さらに伝承される味覚に想いをはせられる。そんな忘れられない味はありませんか?