旬の御膳

尾道のでべら

投稿日:

「でべら干し」は冬の風物詩の一つにあげられます。「でべら」は鮮度の良い「たまがんぞうびらめ」を処理し、寒風や湿度などの気象条件で作られるこの土地ならではの産物です。 「でべら」「でびら」と呼び名は色々とあります。  では、おいしい食べ方をご紹介します。 先ずは、「金づち」で骨が砕ける程度に軽く?たたきます。1.骨が砕ける程度にたたくと、「身」が白っぽくなります。2.それを炭火かガス用網焼きでサッと焼きます。3.さらに、醤油、砂糖、みりん、酒を加えた「つけ汁」につけて、つけ焼きにします。
4.出来上がったものは、ぬくぬくのごはんのおともには最高です。5.たたいた「でべら」をサッと焼いたもの(2の状態)を好みの切り方にして、「なます」や「漬物」と混ぜたり、   たたいて柔らかくなったものは、「天ぷら」にしてもおいしいです。 もちろん、お酒の肴にも最高です。

-旬の御膳

Copyright© 郷土料理のみせ どらねこ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.